New!アメリカ合衆国 視察研修 サンフランシスコ・シリコンバレー編

(2024.04.08)

3月31日(日)

皆さん、眠い目をこすりながらも、ちゃんと時間通りに集合しました。

4時45分ホテル発、ボストン空港に向かいました。これから約7時間かけて、国内便で西海岸のサンフランシスコに向かいます。アメリカの広さを実感します。同じ国内なのに時差が3時間もあります。約7時間後、サンフランシスコ空港に到着。市内視察のスタートです。

まずはジャパンタウンで昼食。そろそろ日本食が恋しくなるころ。久しぶりのお味噌汁がすごく美味しく感じました。

サンフランシスコは江戸末期、咸臨丸が日本を出港し寄港した地です。昼食後は咸臨丸入港記念碑があるリンカーンパークへ。咸臨丸のCREWであれば、ぜひとも訪れたい場所のひとつです。

その後、ゴールデンゲートブリッジを背景に記念撮影ができる場所に移動、最後はサンフランシスコ名物のケーブルカーも経験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は研修というよりはサンフランシスコ市内視察でしたが、サンフランシスコのネガティブな部分も垣間見えました。ダウンタウンではホームレスも多く、治安の悪さも感じました。コロナによるリモートワークの影響で、空きオフィースも多くなり失業者も増え、ITで成功した方とそうでない方との差も激しくあるようです。

地元のスーパーマーケットで手ごろなお土産を購入後、バスはシリコンバレーの今夜のホテルに向かいました。時差と飛行機の移動、疲れたと思います。明日はいよいよアメリカ最後の研修日です。ゆっくり休みましょう。

4月1日(月)

午前中からは、NPO団体 VIA(ボランティア イン アジア)の代表、石田一統さんの講義とスタンフォード大学キャンパスツアーです。

石田さんには前年の第7期の咸臨丸のシリコンバレー研修でも大変お世話になりました。

石田さんからは、シリコンバレーに関してのレクチャー。シリコンバレーと言うと、IT企業やベンチャー企業がとても多いイメージ。実際、アップル、グーグル、フェイスブック、テスラなどビッグネームの企業がたくさんあります。とは言え、現在では税金対策で本社をテキサスなどに移動する会社もあるとのことでした。また成功している起業家は、スタンフォード大学卒が多く、シリコンバレーでは失敗しても立ち直れる環境が整っているとのことでした。ただし課題も多く、現在の主な課題は以下4点。

・地域の高給化(IT系ではない方へのしわ寄せ)

・リモートワークの普及による課題

・ワークライフバランス

・投資家の行動

講義のあとはスタンフォード大学に実際に行き、キャンパスツアー。

ここでは、石田さんから面白いワークショップが出されました。

“STANFORD SCAVENGER HUNT TASKS” 日本語で表現するのであれば、「スタンフォード大学内での宝さがしゲーム」でしょうか?CREWには、全部で11の課題が与えられ、課題ごとにポイントがあり、そのポイントを競い合うワークショップです。与えられた課題は、例えば「スタンフォード大学の学生に、何を何故勉強しているのかを聞くこと」や「噴水を5つ探せ」「旅行者グループにジョインし、ツアーガイドと一緒に写真をとること」などやさしい課題から難しい課題まで。それを制限時間内に達成するのです。場所を捜すだけではなく、英語で話しかけなければ達成できない課題も数多くありました。ペアになりスタート短い時間では難しかったようですが、優勝ペアには石田さんから、スタンフォードのグッズが贈られました。

スタンフォード大学を後にし、向かった先はグーグル。

近代的な建物でできたばかりのビジターセンターとショップを訪ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3時30分からは児玉哲彦さんの講義。児玉さんは長年モバイル・VR・ロボット製品といった様々な分野で開発、デザインを続けられ、アレクサの立ち上げやコロナ時の接触アプリCocoaのデザインを手がけた方です。児玉さんの著書「人工知能は私たちを滅ぼすのか」は発刊当時ベストセラーにもなりました。

児玉さんの講義でもワークショップ、ディスカッションパートがありました。

ディスカッション1:あなたはどんな未来を作りたいですか?どうすればそれを作れますか?

ディスカッション2:あなたの作った未来を創るうえで、AIの技術をどのように活用できるのか?

AIに関して、改めて考えさせられる、いいきっかけになりました。

今日はアメリカ最後の晩餐。児玉さん、石田さんもご一緒です。まさにアメリカンのレストラン。まわりのオーロラビジョンではアメリカンのスポーツが放映されていました。ベースボールやバスケットボールなど。ハンバーガーとフライドポテトをほおばりながら、児玉さん、石田さんとお話しし、目の片隅でスポーツ観戦。アメリカの最後の晩餐、皆さん満足だったでしょう。

4月2日(火)、3日(水)

長いようで短かったアメリカ研修も終了。様々なことを経験しました。お忙しい中、お時間をさいていただき、お話しをしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

4月3日(水)15時30分に無事成田に着きました。

CREW全員が、たくさんのお土産とともに自宅に戻りました。でも一番のお土産はモノではなく経験したことです。ご家族にはぜひ話してくださいね。

ただし今日は疲れていると思います。お話しは明日以降にして、早目に休みましょう。

4月の研修時に、またお会いしましょう!